BLOG

美容室帰りと翌日の前髪の長さが違う時の対処法

2019/02/06
ロゴ

こんにちは

こんばんは

 

武蔵小山にある

貸し切り美容室のココヘアーワークスです。

 

 

みなさんは

「美容室で前髪の長さを確認すると良い感じなのに、

 

翌日、自分で乾かすと短くなっちゃう…

または

 

「自分で乾かすと前髪上がっちゃうから本当は切りたいけど、

少しで長めにしておこう…」

 

 

そんな経験ありませんか??

 

今回はそんなときの対処法を武蔵小山の小太りな美容師がお教えします。

 

 

 

そもそも、

なぜ長さが変わってしまうのか?

 

それは美容師側とお客様の乾かし方が違うから。

この1点のみです!

 

どういうことかというと、

 

私たち美容師は通常、

お客様の後ろに立ってドライヤーを当てます。

 

しかし、お客様自身は家で髪を乾かすとき、

ドライヤーを顔の方から上に向かって風を当てています。

 

 

たいていの人は家でドライヤーかけるとき、

こんな感じでかけますよね。

 

そこが

美容室と自分で乾かした時の

前髪の長さの違いです。

 

 

・なぜなのか??

 

これは

根本を立ち上げて乾かすか

根本をつぶして乾かすか

 

の大きな違いがあるからです。

 

顔の方から上に向かって乾かすと根本が立ち上がります。

すると、前髪が上がります。

 

頭のてっぺんからおでこの方へ向かって乾かすと

根本がつぶれて乾きます。

 

この二つの乾かし方だけで

全く違う長さになるんです。

 

上に向けた時

 

下につぶした時

 

ご覧の通り、

立ち上げて乾かすのと、つぶして乾かすのでは

全然長さの印象が違います。

 

この違いを知っているのと、知らないとでは

美容室の仕上がりを自分で再現するのに大事なポイントになって来ます。

 

美容室では、

「前髪はこのくらいで良いかな♡」

から

翌日、

「あれ??前髪切りすぎたかも…」

という長さの違いで悩む方が多いのかなと思います。

 

この違いって大抵の美容師さんは話題にもしないし

当たり前だと思っているので教えてくれないかもしれません…

 

私は

美容室帰りだけきれいでも、

家に帰ってからも自分で再現できないと意味が無い!

と思ってますので

なんとか自分でも再現できるヘアスタイルを心掛けています。

 

 

このやり方を応用すれば

・いつも右側だけ髪がハネてしまう…

・この一部だけがいつもうねってしまって憂鬱…

・前髪がぱっくり割れてしまう…

などなど

アイロンなどをしないでも、

忙しい朝に、たった2分だけドライヤーのみで楽ちんにセット出来る方法もあります。

小太り美容師が、

手取り足取り簡単に伝授しますのでお気軽に相談ください!

 

 

 

今回は

美容室と自分で乾かした時の前髪の長さの違いを解消するドライヤーのかけ方でした。

そんな方の為に今回はお助けになれればと思いましたので、

是非お家でやってみてくださーい。

 

友だち追加

・電話しづらい…

・営業時間内に電話出来ない…

・LINEのほうがラク~

・やりたい髪型など事前にカウンセリングしてほしい…

 

そんなあなたの為に

ココヘアワークスのLINEがあります!

予約の連絡、相談、飲み会のお誘い…

お気軽にご連絡ください!!

 

 

友だち追加